FC2ブログ

Wrestling NEWS 1970 No.28

2007年11月17日 22:39

 


Wrestling NEWS 1970 No.28です。


ボブ・ウィンダム


表紙は、ボブ・ウィンダムつまり後の


ブラック・ジャック・マリガンです。


なかなか端正なマスクですね。


この日は、ポール・ダイアモンドとのシングル戦


80年代に同姓同名の選手がいますが


時代が違うので別人ですね。


当日のカード


メインのドクターXの相手は、後に


そのボブ・ウインダムとタッグを組むことになる


ブラック・ジャック・ランザ


この二人がブラック・ジャックスとして


各地のタイトルを奪っていくんですね。


一番下に ビル・ハワードという選手がいますが


レッド・バスチェンと共に


国際プロレスに来日したんです。


予定では、ヘラクレス・コーテッツがバスチェンと


来日する予定だったんですが


交通事故で亡くなり、バスチェン&ハワードの


タッグが組まれたわけです。


このタッグ、IWA世界タッグ選手権を取るんですが


ハワード選手が強いという印象はなかったです。


そのレッド・バスチェンvsストロング小林の対戦が


大阪府立でありIWA世界ヘビー級選手権試合で


行われました。


僕も見に行って、覚えているのは


1対1のあとの三本目、どちらかが


フォールの体制でカウント2のとき


時間切れのゴングが鳴って


引き分けたということです。


あのときの観客、本当に少なかったです。


数百人もいませんでした。


AWAが全盛期へと向かう頃


話がそれましたね。


裏面は、当時のAWAチャンピオンの面々です。


全盛期へと向かうAWAの時代の立役者です。












ブログランキングに参加しました。


1日1回クリック宜しくお願いします。


http://blog.with2.net/link.php?429757





 

スポンサーサイト





コメント

  1. まさる | URL | -

    国際プロレス

    おっしゃるとおり意外性があって、僕は国際プロレス好きでしたよ。
    観客の入りは、たしかに少なかったですね。
    猪木、馬場、といったスターが育たなかったですけど
    レスラーは、一生懸命やってました。
    僕はマィティ井上や、浜口が好きでした。
    今の浜口は、あまり好きじゃないですけど。

  2. さすらい | URL | -

    おはようございます。
    国際プロレスって人気なかったのですか?
    わたくし的には意外性があって好きな団体でしたけどね。
    グレート草津が好きだったりしました。
    草津と坂口征二が子供の頃はどうも似てるような気がしてました。
    でも国際ってやっぱりマイナーなイメージしか思い浮かんできませんわ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekan.blog95.fc2.com/tb.php/252-0e2182d5
この記事へのトラックバック